香港株

Razer|2020年本決算 すべての期待を上回る収益で黒字化達成

Razerは2021年3月24日、2020年度の本決算を発表しました。

Razerとは、世界最強のゲーミングハードウェア企業であり、ミレニアル世代やZ世代に強く支持されるライフスタイルブランドです。最近では金融決済事業にも取り組み銀行も設立しました。

Razerについて詳しく知りたい方は、以下の解説記事を読んでみてください。

Razer|eスポーツ市場拡大でビッグトレンド化!ネオンカラーで世界征服Razer社について製品紹介や業績分析などを通じて徹底解説しました。...

この記事では、Razerの決算内容を翻訳しながら解説していきます。キミはeスポーツ企業の大転換を目撃することになる( ー`дー´)キリッ

ではいきます。

Razerの決算概要

Razerは、2020年度の決算ですべての期待を上回る収益を記録しました。

そして上場以降の連続赤字に終止符を打ちます。そうです、Razerは上場後初の黒字転換を果たしました! 企業解説記事では、2020年度は赤字着地で見ていて、2021年黒字を超保守的に予想していましたが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

以下が決算概要です。

Razerの2020年決算概要
  • 月間アクティブユーザー数は前年比68.8%増
  • ソフトウェア総ユーザーアカウントは前年比53.8%増
  • ゲームハード市場シェアは2年連続No.1
  • 売上高は前年比48.0%増の12億米ドル
  • 売上総利益率は43.8%
  • ハードウェア売上高は前年比51.8%増
  • サービス売上高は前年比66.8%増
  • 営業CFは1億5,290万米ドルでプラスに転換
  • BSにおいて借金はゼロ、6億米ドルの現金を保有
  • ESG投資を開始(目標設定については後半で解説)

今回の決算は、すべてにおいて改善しており、成長率は非常に高いです。

今回の決算によって株価は翌日8%上昇。まだまだ多くの投資家は気づいていません。

掲載日:2021年3月26日

では、これらの内容について、これから詳しく解説していきます。今回の決算を皮切りに投資家の買いが集まると思うので、しっかり理解しておいてくださいね。

Razerの月間アクティブユーザー数

RazerのMAU(月間アクティブユーザー数)は、前年比68.2%増で凄まじい伸び率です。Razer信者が増加していることを表しています。ちなみに僕もRazerのユーザーで、Razer会員サービスにもユーザー登録をしています。

Razer製品は、マウスの感度設定やキーボードの設定、光るネオンの設定、音質の設定、グラフィックの設定などをソフトウェアで一括管理できます。Razer製品は質も高いので、Razer製品でPC周辺機器を買い揃える人は今後も増加することは間違いないでしょう。

そして、Razerはゲームハードウェア市場のシェアは2年連続業界No.1を達成しました。

また、ゲーミングラップトップの分野でも米国で1位のシェアを記録しました。

さて、次にRazerの業績について解説していきます。超重要です。

Razerの売上高

Razerの2020年度の売上高は前年比48%増の12億ドルを記録しました。年平均成長率は+32.7%を記録し、持続的な収入の増加を証明しています。

Razerの純利益

Razerの税引き後純利益は80万米ドルでついに 黒字転換 を果たしました!

費用面では、販売費、マーケティング費が少し増えていますが、研究開発費、一般管理費、のれん等の減損は特に変化ありません。つまり、純粋に売上が増加したということです。

Razerのハードウェア部門

Razerのハードウェア事業は、Razerの根幹といえる事業です。そのハードウェア売上高は前年比51.8%増加しています。コロナ環境下で各地にあるRazer Storeへの来客は激減しましたが、eコマースで売上・利益を伸ばしました。

Razerのサービス部門(Fintech)

Razerのサービス部門の売上高は前年比66.8%増、売上高総利益率は43.8%でした。原価を抑えつつ利益を確保できる状態を維持していることがわかります。

ちなみに、このサービス部門は、Razer GoldやB2Bのフィンテック事業で構成されています。Razer Goldとは決済用のデジタル通貨で、Razerのサイト上で使用できます。

Razer GoldのTPV(決済総額)は前年比102.4%増登録ユーザー数は前年比23.8%の成長です。

TencentやBlozzard、Electronic Artsなどのゲームを扱っているので、今後も決済によってRazer経済圏が作られていくことに期待しています。

Razerのデジタルエンターテイメントの消費は、CAGR(年平均成長率)で見ると70.2%増と、伸び率が高いです。もちろん、コロナは大きな追い風となりました。

今後は、eコマースにおける流通取引総額は着実に伸び、2025年までに今の約3倍となる3900億米ドルになると予想されています。

上図を見ると、現時点でオンライン取引総額の約1/3がeコマースです。これが約半分になります。Googleよると、コロナ下で急速に増えたオンランで購入した新規の顧客は今後も10人に8人が継続してオンラインで購入するというデータが出ています。もちろん、Razerは決済事業で大きな恩恵を受けるでしょう。

また、デジタル決済事業においては、提携先が凄まじく増えています。

後払いサービスを多くの企業に導入したり、オンライン支払い手段を増加、他にはオフラインの支払い手段も確保するなど、あらゆる地域のあらゆる層があらゆる手段で購入できるようにしました。

上図から、数々の有名企業、サービスと定形していることがわかるかと思います。コロナ状況下で営業マンたちが動きにくい中でも提携数を増やし、顧客が安心して悩むこと無く購入できるシステムづくりに励んでいます。

Razerの運営コスト

Razerは、売上高に対する運営コストの割合が22.9%と、減少傾向なので、コストを維持しながらもしっかり売上を上げていける力を証明しています。投資家としては非常に安心できますね。楽観視しているといってもいいでしょう。

Razerのキャッシュフロー

Razerはキャッシュフローが強固です。

2020年度のRazerの営業活動のキャッシュフローは1.5億ドルのプラスに転じました。前年度が3849万ドルのマイナスだったので、大きな改善です。以下が営業活動のキャッシュフローの内訳です(詳しく知りたい人用です)。

Razerの収益、財務に関する内容は以上となりますが、本決算ではESGに関する大きな発表がありました。

Razerはサステイナブル企業を目指す

今回の決算発表で例年と明らかに違ったことは、同社がESGを打ち出してきたこと、そしてCEOが「サステイナブル」というワードを意識して語ったことです。

専用サイト「GO GREEN WITH RAZER

Razerが掲げるサステイナブル企業になるための目標は以下のとおりです。

Razerの目標
  • 2021年末までに組織内でリサイクルされたものを100%使用(オフィス内で使用するものが適用されるのか、製品素材まで適用されるのかは不明)
  • 2020年までに炭素消費者ラベルによって消費者の透明性を高める
  • 2025年にはすべてのRazer製品がリサイクルできるようになる
  • 2025年までに100%再生可能エネルギーに転換
  • 2030年までに100%カーボンニュートラルにする(Co2排出ゼロ)
  • ESG関連(再生可能エネルギー、炭素削減、プラスチック管理、水資源問題の解決)スタートアップへのインパクト投資
  • 結果、100万本の木を保護。

この発表は非常にインパクトがあると思います。世界中でESGが注目されていますが、Razerも同じ目線を持っています。

それによって補助金も確保できるようになるでしょう。もちろん、Razerはお金に困っている企業ではないので、補助金だけのためではないと思います。持続的かつ社会に貢献する企業にするというビジョンがあるということです。

Razerの2020年本決算のまとめ

Razerの2020年の本決算はいかがでしたか?

非常にポジティブで力強い内容だったと思います。むしろそれを1000株3万円の単位で買えることが奇跡です。直近、香港ドルも対円で上昇傾向にあり先行者利益を得られている実感があります。

eスポーツ市場は今後も拡大し、流通する資金量も大きく増していくでしょう。Razerはそのためにeスポーツに積極的に関わり、ハードウェアとフィンテックで世界を攻略しいきます。

加えて、主力であるハードウェア分野の業界No.1という地位は守り続けていくでしょう。

日本のあらゆる投資家はRazerを知りません。彼らの多くがゲーマーではないからです。そして彼らは上場していることすら知りません。僕も知りませんでした。なぜなら、日本人は日米しか情報のインプットでカバーできていないからです。なので記事にしようと考えました。

香港の株式市場は時価総額が高いにも関わらず、安い株が沢山眠っています。その中で、どの企業が伸びてくるかを調査しながら考えることは、非常に有意義で、投資者に先行者利益の機会をくれるでしょう。

僕は今後も香港への投資比率は増やしていく予定です。世界のマクロ経済次第ですが、現時点ではそう考えています。

では、みなさんの投資ライフがより良いものになりますように。ごきげんよう。