トレンド

【世界で話題沸騰】クラブハウス|活躍する人の条件と未来予想

クラブハウス(Clubhouse)は今話題沸騰中の招待制音声プラットフォームです。

今回は、今後のSNSとして新しく仲間入りしたクラブハウスについて実際に使って得た気づきを共有し、この先の未来を読み解きます。

最後には招待枠なしで招待を受ける方法も書いていますので、最後まで読んでくださいね!

ではいきます!

クラブハウスは信頼性が重視されたサービス

大前提として、まずクラブハウスは招待制のアプリです。この「招待制」を採用することには、以下の2つのメリットがあります。

クラブハウスでは、招待に相手の電話番号が必要なため、リアルの繋がりから広がっていきます。また、プロフィールの最下部には招待したアカウントが表示されるため、発信者のバックグラウンドの透明性が高く、信頼性が担保されます。その結果、捨て垢も従来のSNSよりも少なくなっています。

クラブハウスの登場は、ここ数年のフェイクニュースによる乱れを是正する動きといっても良いでしょう。

クラブハウスのバズり方はこれまでと少し違う

クラブハウスでは、フォローしている人がどんな部屋に入っているかわかる仕様になっています。

人が集まる仕組みは以下の2段階です。

クラブハウスでの人の集まり方
  1. 自分を含むスピーカーのフォロワーが来る
  2. 集まった人のフォロワーが来る

もし自分が配信した場合、まずは自分を含むスピーカーのフォロワーが来てくれますよね。すると、見に来てくれたリスナーのフォロワーが部屋に気づいて見に来る可能性が出てきます。その連鎖で人が次第に集まってくる仕組みです。

以下は実際に僕が配信をした時の画面です。

フォロワー外からも結構いらっしゃいました。

さて、そんな既存のSNSとちょっぴり違った仕様のクラブハウスでは、一体どんな人が活躍できるのか、次で解説します。

クラブハウスで活躍するための5つの条件

YouTuberなど動画配信をしている人は、生放送に慣れていない人がほとんどです。中にはトーク力のある人もいますが、多くはカットありきで収録しているので、生放送慣れしていません。そのため、やはりトークにはっきりと差がでています。

そこでクラブハウスで活躍できる人の特徴を次の4つにまとめました。

上記のどれかに当てはまる人は直ぐに始めた方がいいでしょう。

クラブハウスユーザーの配信スタイルとして、今は一人で話すというよりも、コラボによって多くの視聴者を集める方法が主流です。なので、コラボ相手と役割を分けることがあります。その時に会話を回していく人の力がとても重要になってきます。

グダグダしない配信という点も生放送ではとくに重要です。序盤・中盤・終盤で「何を話すか」だったり、時間を管理して話すトーク力・司会進行力が求められます。

次に視聴者視点でクラブハウスを使う時の注意点について解説していきます。

クラブハウスで良質な時間を過ごすヒント

クラブハウスは「ながら」で聴けるものなので、ついついダラダラと聴いてしまうことがあると思います。そんな方へクラブハウスで良質な時間を過ごすためのヒントを書いておきますね。

結論は次の2つです。

順番に解説していきます。

本当にフォローが必要か考える

まず、クラブハウスを使う時に注意するポイントとして、第一に「むやみにフォローしない」ことが大切です。

せっかく良質な部屋があっても埋もれてしまいますし、良い部屋を見つけるタイミングが遅ければ後から聞き直すこともできません。必要な情報を直ぐにに得られるように整理していきましょう。

時間は有限です!!

会話の質を見極める

次に会話の中身が期待していたものか、そうでないのかを直ぐに見極められる癖をつけましょう。多いのがタイトル釣りです。

タイトル釣りとは、タイトルでリスナーを引きつけて違う内容についてずっと話していることです。

実際に本題と関係ない雑談をダラダラと話している配信も少なくないことは確認できました。その雑談を聴くことで結果、満足している人は特に問題ないでしょう。しかし、もし時間の無駄だと感じたら、その時間を別の有意義な時間に振り分けましょう!そのために「本当にフォローが必要か考える」ことが必要です。

先ほども記しましたが、時間は有限です。賢く立ち回りましょう!

では、今後のクラブハウスはどのような位置づけになっていくのでしょうか。ちょっとだけ未来を見てみましょう。

先行事例から見るクラブハウスの未来

クラブハウスのような音声プラットフォームは日本でも「これから来る」と言われていた分野でした。

しかし、クラブハウスはまだ駆け出しのサービスです。今後のサーバー強化や機能追加に期待が集まりますが、僕は次の4つが追加される可能性があるんじゃないかと考えています。

順番に解説しますね。

棲み分けができる

今はクラブハウスは話題性もあり「YouTubeやインスタに取って代わる」なんて言われたりもしますが、そんなことないと思います。

YouTubeはこれまで通り動画配信、生放送配信として重宝されますし、インスタはオシャレで「映え」な写真で沸かせます、TikTokは最もバズるアプリとして次世代SNSの先頭を走るでしょう。

そんな中で、「ながらで聞く」、「じっくり聞く」プラットフォームとしてクラブハウスは位置づけられるでしょう。移動しながら、家事をしながら、食べながら、寝る前の休息時間にという感じでね。

つまり、棲み分けができてくるってことです。ただ、ユーザーの可処分時間(暇な時間)は限られているので、YouTubeやインスタに使われていた時間がクラブハウスに食われるということは考えられるでしょう。

コメント機能の追加

実は世界には、以前から音声配信が浸透している国があります。

そう、中国です。中国では既に音声を聴くことが根付いていて、日常的に使われています。そんな中国では、配信者とリスナーの間でコミュニケーションがとれる機能の一つとしてコメント機能があります。

いろいろなアプリがある中で、例えば、ある音楽アプリ内では、音声生放送機能があり、そこではコメントが書き込めます。以下がその画面です。

コメントがあればリスナーも配信者とコミュニケーションが気軽にとれますし、配信者もネタに困らず配信を続けることができますね。

実際にこの機能を採用するかはわかりませんが、コメントがあった方が配信者もリスナーも盛り上がりますよね!現状、サーバーにかなりの負荷がかかるので、しばらくは追加できないと予想しています。

投げ銭機能の追加

そして、今後の期待としては投げ銭機能の追加です。これも中国では当たり前のように行われていて、世界で最も浸透が早かったように感じます。もちろん以前からtwitchなどのゲーム配信サービスでありましたが、中国はあらゆる生放送配信サイトに投げ銭機能がついています。

先に紹介した音楽アプリでは、以下のような投げ銭システムが設けられています。

リスナーがこのようにポイントをまずは買い、そのポイントを消費してアイテムを配信者にあげることができます。受け取ったお金は運営側が数%の手数料を徴収し、残りを配信者に還元する仕組みです。

近年の成功する生放送系サービスの特徴は、配信者に稼がせる環境を用意することで影響力のある配信者がサービスを使い続けてくれるということがあります。なので、この仕組みはクラブハウスも実装してくる可能性が高いです。

追記

2021年4月6日、クラブハウスは投げ銭機能を実装しました。

Introducing Clubhouse Payments

クレジットカードまたはデビットカードをはじめに登録し、送金額は100%相手に支払われ、クワブハウスが受け取る仲介手数料はゼロです。これは前代未聞ですよね。ただ、少額のカード処理手数料は支払い処理業者から請求されます。

有料会員制度の追加

そして、配信者を稼がせる方法として、有料会員制度を設ける可能性があります。現在クラブというコミュニティのようなものが存在していますが、それをオンラインサロン化して有料制にできるようになるかもしれません。

この点も非常に重要なポイントです。クラブハウスは仕様上、録音などできないため、「ここだけでしか聴けない」、「この時間しか聴けない」という付加価値を生んでいます。そこにさらに有料制を採用することで、希少性を高め、熱心なリスナーも生み出し、質の高いコミュニティも生まれてくるのではないかと考えています。

まだまだ未知数ですね。廃れたらそれはそれで面白い現象ですけどね(笑)

クラブハウスで招待枠を使わずに招待を受ける方法

さて最後に、周りの人がクラブハウスの招待枠がないけれど招待を受ける方法をご紹介します。

※前提として、招待する側はクラブハウスのアカウントを既に持っていることが必須です。

それが以下の3ステップです。

招待枠なしで招待を受ける方法
  1. お互いに電話番号をiPhoneの連絡帳に新規登録する
  2. 招待する側に招待するかどうか選択する通知がくる(僕は2、3日かかりました)
  3. 招待された側がSMSで届いたURLからアカウント作成

簡単ですよね!気になった方は是非試してみてください!

では良いクラブハウスライフを。ごきげんよう。