米国株

速報版【Twitter (TWTR)】ニュースレターと新ライブ機能で見えてきた成長

どうもこんにちは。つい先日までTwitter株はもう終わりだーなんて思っていた矢先に好材料がきましたね。

Twitterはここ数年、特に新しい動きはなかったのですが、2021年1月27日にTwitter社が買収したニュースレター配信サービスRevueがさっそく使えるようになっています。

これによって、ユーザー自らが作家やコンテンツホルダーになり、有償で提供することが可能となります

重要なポイントは、これまでクリエイターが無料でやっていたことを収益化させたことです。しかも基本的にはTwitter内で完結します。もちろん外部サービスに飛ばすこともできますけどね。

このように、無料ユーザーの収益化を実現して成功したビジネスモデルとして、YouTubeの広告収入型や、抖音の投げ銭型があります。

実は、Twitterは長年有料プランを導入するなどアイディアや実装の噂こそありましたが、実現しませんでした。なぜならユーザーが離れることを恐れたためでしょう。

しかし、ユーザーの収益化とライブ配信の導入によって、ユーザーはコンテンツ作成からコンバージョンまでの流れを作ることができました。環境としては決して悪くありません。

ちなみに、Twitter社にとって、影響力のあるユーザーが離れることは一番のダメージとなりますが、その点もこのサービスによって解決できそうです。

既に多くのフォロワーを抱えているクリエイターは、このニュースレターサービスの登場後は、よりTwitterを使おうとするので、影響力のあるユーザーの囲い込み効果もあります。

また、他のメディアとも差別化ができると思います。TikTokなどのショートムービーが流行った世界線でも十分に戦えます。尤も、TikTokの影響力は計り知れないレベルなので、利益率はTikTokを運営するバイトダンスに負けると思います。

少なくとも、Twitter社が新たな収益源を確保できる可能性が高いので株式価値が減少することは考えにくいです。ということでロングで見ています。あとは、指数が下落して影響を受けたりなどに配慮して、このサービスがどの程度世間で話題になるかに注目したいところです。どこまで成長するかは現時点では読めません。以上速報でした!

それではごきげんよう。