暗号通貨

テザー(USDT)疑惑に対しての当ブログの見解

ここ数週間、テザー社が発行するUSDTに対していくつかの疑惑が浮上しています。

テザー社が発行しているUSDTという仮想通貨は、法定通貨の米ドルを受け取り、それと同等の価値のUSDTを発行し市場へ供給するシステムです。つまり、1USD=1USDTとなります。

現在、仮想通貨界で浮上している疑念は、テザー社がUSDTの担保となる法定通貨USDを同量保有していないのではないかということです。もしそうであれば、USDTの価値の裏付けが崩壊することとなり、信用がなくなります。

テザー社は監査法人とも契約を打ち切り、バランスシートを公開しない態度を示しており、疑念はとんでもない妄想までも生み、不安の声が募っている現状です。

今回の問題の詳細は、コチラのサイトで詳細に説明されています。
ビットコイン爆弾「テザー問題」を眠い声で説明するよ


当ブログの見解

上でも書いたとおり、1USDを受け取ったら仮想通貨市場に1USDTが供給されます。その時点で(仮想通貨市場だけでなく)『我々の生きるこの世界』に2USD分の価値が存在することになります

もし、テザー社がその受け取ったUSDを同等量保有していなかった場合、発行額・流通量の大きさからも、テザー社はとてつもない規模のシニョレッジ(通貨発行益)得ていることになります。無から新たな通貨がこの世に発行され市場に供給されていて、しかもそれは世界中のトレーダーが利用しているわけですから錬金術としか言いようがありません。USDT/USD相場はテザー社が創り上げているものであり相場の操作は可能です。ましてや、公開企業ではありませんから、インサイダー取引から犯罪まがいなことまで誰にも知られず可能となります。

しかし僕の考えでは、黒に限りなく近いグレーだと思っていますが、この疑惑が事実であるかないかは、現時点では関係ないと考えています。言い換えるならば、疑惑であるうちはむしろ安全であると…。というのも、今日の株式やFX、デリバティブなどの金融市場は、信用創造によって成り立っており、架空のマネーも血液のように循環し、どんどん膨張していっています。仮想通貨の世界も同じで架空のが通貨が発行されていきます。それが崩壊する時はいつになるのでしょうか。株式市場で起きたチャイナショックの時は中国政府が景気減速を発表してから初めて売られました。それまでも何年も疑惑が浮上しましたが、市場は反応しませんでした。

つまり、注目すべきタイミングは『事実とわかった時』です。その時には瞬時に対処する必要があるでしょうし、保有USDTの凍結・消失などが起きるかもしれません。事前に対策するのも良いでしょう。しかし仮想通貨市場全体が下落する中で、USDTに一時的に逃げるのは悪くない選択だと考えています。心配であれば、下がらない通貨(逃げ道)を探すか、もう仮想通貨界に資産を保有することをやめることを勧めます。

凍結や消失の恐れのない安全な通貨をこのブログでも追々取り上げていこうと思います。逃げ場所は必要です。