テクノロジー

【現地レポート】 台湾の電子決済事情【アジア最大の電子マネー大国】

台湾の地に降りたら、そこはアジアで最も決済手段の多い電子マネー大国でした。

結論からいうと、中国や日本の比ではありませんでした。まさかここまで多くの種類の電子決済が導入されてるとは…。


また、台湾は一つのカードと少々の現金で生きていける世界でした。

そのカードというのは悠遊カード(悠遊卡=ヨウヨウカー)という電子決済カードです。日本でいうSuicaやICOCAです。

このカードは、台湾の地下鉄(MRT)やバスなどの公共機関のみならず、スーパーやコンビニ、ドラッグストア、ファストフード店、駐車場、一部タクシー会社などでも使える万能カードなのです。

購入場所は空港や地下鉄、コンビニと、手軽に購入ができます。今回、僕はコンビニで買おうと「悠遊卡が欲しいです(ウォ ヤォ ヨウヨウカー)」とコンビニの店員さんに伝えたら「この中から選んで」といろんなイラストのカードを出されました。とりあえず一番上のポケモンを選びました。


<使用場所の例>
コンビニ

バス

STARBUCKS(スターバックス)

導入店舗は他にも沢山あります。(下記導入店舗は一部です)

※今回、タクシーは万が一のトラブル(返金)の時のために現金のみを使用しました。レンタルサイクルも同様に。

ちなみにこのカードはストラップ型としても使用が可能です。種類も多いです。

使用履歴はアプリでいつでも見れます。


台湾ではこの他にicashというものもあり、icashはスマートフォンのNFC機能を使ってセブンイレブンなどで割引を受けつつ使用が可能な決済サービスです。

Apple Pay、SUMSUNG Pay

支付宝(Alipay)、微信支付(Wechat Pay)

何より驚いたことはコンビニなどにLINE Payが導入されていたことです。尤も、日本よりも台湾の方がLINE Payサービスは進んでおり、ICチップ搭載型のカードが配布されています。


まとめ

台湾社会は、国内外のありとあらゆるサービスの良い部分を導入して、より便利にしようとしているところに注目できます。中国のような2、3社に独占された寡占市場というわけでもなく、日本のように店舗が導入している決済手段の種類が限定されているわけでもない、しかし多くの台湾国民が多用するのは1,2種類のサービスであるという、とても興味深い文化でした。世界の決済の発達とスピードは同じでありながらも、結果としてアジアで最も幅広い決済手段を導入できたのですから、台湾の国民性にも注目できます。今後の発展も追っていきたいと考えています。

【現地レポート】 中国のモバイル決済事情 先般、筆者は中国、上海に渡航し現地の決済事情に肌で触れてきました。 いま、中国の多くの地域で以前より浸透しているのは『QRコード...