暗号通貨

暗号通貨の管理について

僕は現在、OpenLedgerを駆使して仮想通貨を分散預金、移動をしています。もはや国内の取引所には日本円を手軽に投入できる部分でしか魅力を感じていません。

僕の暗号通貨預金は、今後日本円として引き出すことは、余程のことがない限り「ない」と考えています。なぜなら、ペイパルに移したり、bitcoinとして使えるデビットカード、ビットコインのバーチャルカードを利用すれば、物を買うときに困らないからです。国内取引所の高い出金手数料を支払ってまで引き出す必要はなくなります。ただ、bitcoin決済を前提に保有することを今は考えるべきではないです。何より大きな価格変動リスクを伴うからです。

e-cardでbitcoinを世界中に持ち歩こう ついに届いた、『e-card』。 イギリス、ロンドンからエアメールで到着。 【e-cardの利点】 ...

交通や商品購入においても日本円の使い方は、殆どおさいふケータイです。「スイカ」、「Edy」、「nanaco」、「waon」、「ID」、それがダメなら「VISA or MASTER」で済むので、持ち歩くキャッシュは少ないです。カードもスキミングがいつどこで行われるかわからない世の中ですので、できるだけ非接触型決済で済ませます。スーパーやコンビニ、電車、タクシー、レストラン、ファストフード系飲食店で、それら決済端末がついていないことは都心では少なくなってきました。セルフレジなども導入が進んできているため、東京を中心に決済選択の幅は確実に広がってきています。

閑話休題。

OpenLedgerは、いくつもの暗号通貨をそこで売買できる世界初の分散型の取引所です。ペイパルやリップル等を介して法定通貨(ドルやユーロ、円、元)への変換も可能となります。ゴールドやシルバーにまで(正確には実物にペッグされたデリバティブ)。まさに通貨革命です。BitShares(BTS)という暗号通貨を基軸とし、BTC, ETH, OBITS, BCYなどを指値交換ができる。昨年から一部で注目されており、実のところ、僕も一番はじめのプレセールの段階でトークンを取得し、これまたこっそりいろいろ研究を積み重ねてきました。

OBITSはとても魅力的である。Buy-back(burn)システムがあることで、価値は上がり続ける。僕は現時点でOBITSの取得を既に完了しています。BTSRにも振り分けてあります。オーナーになり、配当として利益(価値)の分配を望むのであれば保有継続もありです。ボラティリティを利用して利益を得ることを望むのであれば他の通貨に交換すればいいです。

bitcoinの半減期を6月末に控え、トークン(通貨)もさらに分散して保有しますが、僕は現時点では投機には魅力をあまり感じず、『リスク回避しつつ価値向上の恩恵を得る』という目的の下、複数通貨間、複数ウォレット間で移動させ、アルトコイン同士の変換作業を行う予定です。

今後も諸々の動きとボリュームを観測。そのついでに暗号通貨先物と商品市況との関連性を研究していく予定です。

読者の方々も、カウンターパーティ・リスクに気をつけ、安全を確保した上で、よい暗号通貨ライフを送りましょう!